羽生結弦いじめの過去が壮絶

66年振りの金メダル2連覇、国民栄誉賞授与が濃厚で、国民的英雄となった羽生結弦。高校時代に受けた壮絶ないじめが話題になっている。

中学生で世界ジュニア、高校生でシニア世界大会で優勝し、頭角を現していた羽生は、学校内でもサインを求められる有名人。それに嫉妬した東北高校の野球部やサッカー部員が、「調子に乗るな」といじめていたという。

成功者をいじめていた者は惨め、一生の恥。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする